手付金が返還されない可能性アリ

a0002_006862
「不動産を購入します」という意思を明確にするために支払う手付金。
買い手側が不動産購入の契約を放棄するなら手付金は売り手側のもの、売り手側が契約を無効にしたいなら買い手側は手付金の額が二倍になって帰ってきます。
きちんと不動産代金を支払えば買い手側に手付金は返還されます。
では手付金が消える……という事態を考えたことはありますか?
手付金が消える事態が起こるのは不動産業者が倒産するときが一番多いように感じます。
不動産業者が倒産する=お金が無いということなので、もちろん手付金は返ってきません。
不動産も手に入らないうえに手付金も返ってこないなんて……。
この悲しい事態を防ぐために一般保証制度を利用するのを忘れないようにしましょう。
一般保証制度を利用するためには不動産保証協会に入会している不動産業者と契約を結ぶことが前提です。逆にいえば不動産保証協会に入会している不動産業者はある程度、安心して不動産購入について相談しても大丈夫でしょう。
もし不動産業者が倒産しても手付金は不動産保証協会が保証してくれます。
一般保証制度の利用は無料なのでぜひ活用しましょう。